こんにちは、STORY FUKUOKAの西です。

秋分の日も過ぎ、涼しくなるこれからは片付けにうってつけの季節。

自宅でもちょこちょこと整理や模様替えをしています。

そんな時に利用したいのがごみの自己搬入サービス。もはや常連といっていいくらいお世話になっています。

福岡市ではインターネット受付と電話受付があり、各区にある処理場へ自宅のごみを持ち込めます。下記は持ち込み不可のもの。

(1mを超えるものや陶器・ガラス類も場所が限定されます)

10㎏で140円と金額も安く、車に乗るサイズ・量のものなら持ち込みが断然お得です。

不要と判断したものは、その日のうちに外に出してしまいたい!それだけでかなりスッキリします。

 

それにしても…定期的に整理をしているにも関わらず、捨てるものが必ずあります(*_*;

物の入口、つまり家に入ってくる段階でできるだけ取捨選択していますが、家族と住んでいる以上、気づかないうちに物は増えているんですね。

また、以前の自分は必要でも、『今』の自分には必要ない。そんな物もたくさんあります。

子どもも同じで、あんなに大切にしていたものを惜しげもなく手放す、そんな姿を何度も目の当たりにします。
変化は気づかないくらい小さなものだけど、薄紙をはぐように、確実に進歩しているんですね。

必要なものを選ぶのが整理ですが、それと同時に、今の自分が何をいらないと思うのか、たまにはそこにも注目してみると面白いかもしれません。