こんにちは。STORY  FUKUOKAです。

今年のオンライン陶器市で購入した西海陶器のマグカップ。
とても気にいっていて、そして何度も割ってしまって(涙)もう3回目くらいの購入です。

マグカップは数が増えやすいアイテムですが、自分にとってのBESTなものに出会えるともう戻れない!そんなことを実感しています。

キッチンの整理収納で得られるもの

最近、キッチン作業のご依頼を多く頂きます。

キッチンは毎日使う場所。コロナ禍の自粛により、朝昼晩とご飯を作りウンザリされた方も多いのではないでしょうか。キッチンを制すものは時間を制す!といっても過言ではなく、暮らしの要になる重要なスペースです。

ですがキッチンまわりのものは種類、数が多く作業に最も時間がかかる場所です。
それを全て出していき要・不要し、どんな用途で、どのくらいの頻度で使っているかを考える。

やっと整理した後は、収納する場所をどう決めるか。
作業動線を考慮しながらシステマチックに構築する必要があります。

想像しただけで自分にできるかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが・・・断言します。
私たちと一緒にすれば必ず終わります!!

時短効果や料理のしやすさ、後片付けの負担軽減などキッチンの整理収納で得られる効果は想像以上です。
下ごしらえに30分、調理に30分、洗い物~後片付けに30分かかっていたものが、10分ずつ短くなると?

1年で約180時間、朝昼も定期的に作ることを考えると年間300時間以上の時間が生み出されます。

たった5~6時間の作業を頑張るだけで、その後に300時間を手にする。整理収納は、後始末ではなく未来への投資というとてもアグレッシブな行為なのです。

もちろん時間だけでなく、片付かないという自責の念(本当は感じる必要はないのですが)からの解放、自由時間を手にすることへの精神的な効果は計り知れません。

たくさんの方にこの効果を感じてほしい。
子育てやお仕事でなかなか自分の時間がとれない方に、自分だけのなくてはならない時間を生み出したい。

そういった思いで作業に臨んでいます。

熱く語ってしまいましたが(笑)、少しでも私たちの想いが届けられるよう頑張って参ります(^^)

こんにちは、STORY FUKUOKAの西です。

前回の冷蔵庫整理の続き記事です!

年末年始に備えて冷蔵庫の中を全て出し、セスキ水と除菌スプレーで綺麗に掃除しました♪

 

クリスマスを経て年末年始も色々と食材が入ってきますので、準備は万端。

配置は、このようになりました。

 

整理した後なので一番モノがない状態です(笑)
これからまた納豆とか納豆とか納豆が増えていきますね。

上から順に、

①青のりや天かす、たこ焼き粉などのお好みやきセット。(関西にいた名残で粉モンが大好き)
小麦粉や片栗粉、パン粉などの粉物セット。

②次の日への繰り越しや急な頂きものなどの一時置きコーナー。

③開けてすぐ目につく『早く食べてねコーナー』。
分類にかかわらず、期限が間近のものはここへ。フルーツや納豆もここです。

④魚の保存やマリネの仕上げにいれるパーシャルコーナー。

家族皆で決めたテーマは『食材を無駄にしない冷蔵庫』

あくまで一つの例ですが、たくさん保存するよりも使い切ること、誰もがわかりやすいことを意識しました。

人に見られてもいいようなきれいな冷蔵庫といった他人軸の収納よりも、自分たちが使いやすい冷蔵庫、つまり自分軸の収納をどれだけ作れるかがリバウンドしない収納のポイントです。

維持できる、持続できるといった意味の『サスティナブル』というキーワードで様々な取り組みが行われています。片付けの世界でも、持続可能な収納というのがこれからの時代のテーマになるのではないでしょうか。

そして・・・

今年も残すところ5日となりました。

STORY FUKUOKAは12月28日(土)~1月5日(日)までお休みを頂きます。

おかげさまで2019年もたくさんのお客様との出会いがありました。
一つとして同じ暮らしがないことを改めて感じた1年。ご依頼を頂いたお客様には心より感謝申し上げます。

年の最後にHPをのぞきに来てくださった皆様へも、感謝です!(笑)

どうぞ良いお年をお迎えください。

こんにちは。

STORY FUKUOKAの余傳です。

10月になり、今年も残り2カ月ですねー!早い早い!!

STORY FUKUOKAでは月初のミーティングを行いました。

ちょうど新規のお客様へのコンサルティングにお伺いした帰り道。

お昼もとっくに過ぎていたので、ランチミーティングに。

パン屋さん併設のカフェでハンバーグランチです♥

これ、私1人分ですが何か(笑)?

ミーティングでは、作業の打ち合わせや、業務の割り振りをみっちりと話し合います。

現場でお客様から頂いた時間内で結果を出すために、事前の打ち合わせや作業計画は入念に!

ありがたいことに、『早いですね~』とお褒め頂くことも多く、嬉しく思っています。

10月から春までは、整理収納サービスの繁忙期になります。

例年、お待ち頂いたりすることも多い時期ですので、気になる方はぜひ早めのお問合せをお待ちしています♪

 

 

 

 

こんにちは、STORY FUKUOKAの西です。

夏は終わったかと思いきや、まさかの暑さカムバック💦
この暑さの中運動会の練習を頑張る子どもや先生達、頭が下がります。

運動会では昨年、今年と広報としての写真撮影をさせて頂くことになりました。ゆっくり観覧とはいきませんが、ばっちり近距離で写真が撮れるのが役得です(^^)

イベントの写真、どうしていますか?

わがやでは、基本的にGoogleフォトでアルバム管理・共有し、写真を撮った時に全てはプリントアウトしていませんが、

特に上記3つのイベントはシマウマプリントのフォトブックを利用しています。

まさに安い・早い・きれいの3拍子!

なぜアルバムを作るのかというと、自分達家族だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんの分も作成してプレゼントするからです。(発送先も自宅以外に複数選べます)

文庫サイズは198円~、A5サイズは498円~ほかにもサイズ豊富です。

アプリもあるのでスマホで撮った写真もスキマ時間の10分ほどで作成できますよ~。
子どもの工作品、絵画のフォトブックを作れば、思い出としてきちんと残せますね。

特に私が感じているフォトブックの良さは、実は3拍子以外。
省スペース、そしてアルバムを購入しなくていいというのが一番感じているメリットです。

 

 

今週の朝ドラに感涙

こんにちは。STORY FUKUOKAの余傳です。(写真は我が子ではありません。紛らわしくてすみません!)

皆さま、朝ドラ『なつぞら』見てますか~?

朝ドラファンの私。毎クール楽しみにしています。

今週の『なつぞら』は、毎朝涙、涙・・・。

主人公なっちゃんが育児と仕事に奮闘する様子を見て、ついつい自分の出産後と重ねてしまいました!

働いていても、働いていなくても、やっぱり育児は大変。

自分の時間が取れないだけでなく、家事が思い通り進まなかったり、体力だって必要。

長女は3カ月、長男は半年で職場復帰した私は、本当に髪の毛を振り乱して時間に追われる日々でした。

育児と仕事で大変な時、唯一心安らぐ時間は、誰も起きていない早朝に、コーヒーを淹れてボーっとネットサーフィンをする15分。

10年経った今は懐かしく苦笑いの思い出です。

私たちにできること。

整理収納アドバイザーとしてお仕事をさせて頂く現在、子育て世代のお客様からご相談を頂けることを、とても嬉しく思っています。

整理収納で、子育ての悩みは救えないかもしれない。

部屋の片づけなんかよりも、もっと大切なものもたくさんあるでしょう。

でも、朝の準備が5分早くできて、心のゆとりを持って親子で笑顔で登園できたり。

洗濯の動線がよくなることで、洗う→干す→畳むが時短でできたり。

そんな短い時間が積み重なることで、たとえ15分でもゆっくりとお茶を飲む時間と、心のゆとりを生み出せたら・・・。

きっと、『よしまた頑張ろう!』というスイッチになるのではないでしょうか。

まだまだ子育て道半ばの私たち。決して偉そうな育児論は語れません(笑)

ですが、私たちの整理収納サービス・セミナーや講座・ブログが、少しでも子育て世代のパパママの応援に繋がったら嬉しい!そんな気持ちで活動を続けています。

さあ、朝ドラも佳境!!最後まで楽しみです♪

 

 

 

こんにちは。STORY FUKUOKAの余傳です。

夏休みも残り10日になりました!

毎日のお昼ご飯、こんな感じでおにぎりなど・・・。

今日も手抜きですが、何か?手抜き上等!と開き直っている最近です(笑)。

皆さまはいかがですか?

さて、キッチンの一生ものシリーズ、誰にも頼まれていないけれど、パート2です!

長く使える行平鍋はコレ!!

ズバリ、宮崎製作所のジオ・プロダクトです。

※画像はお借りしています。

 

底面だけでなく、側面も多層のステンレス鍋なので、汚れも落ちやすい。

そしてアルミをステンレスで挟んでいるので重すぎず、熱伝導も良いのです。

取っ手の長さも長すぎず、短すぎないので、熱くもなりません。

さらに一生ものには嬉しい15年保証もついていますが、高すぎない値段も魅力。

1日何回も使う行平鍋。十分元がとれます!

サイズで悩まれる方が多いようですが、我が家は21センチと18センチをフル回転させています。

21センチはお味噌汁やスープに。18センチは1人分の麺を茹でたり、野菜の下茹でをしたり。

子ども達が独立した際には、必ずサイズ違いで持たせてあげたいお鍋です。

時々愛情を込めて、メラニンスポンジで磨いてあげると、顔が映るくらいピカピカになるのもいいところ。

毎日何年も使っているけれど、まだまだ大事に使おう!という気持ちになります。

キッチンの一生もの、使用頻度の高いものこそ、気に入ったモノ・使いやすいモノを選ぶのがお勧めです。

 

とにもかくにも、始業式と給食開始まで、皆さまもうひと踏ん張り!

残暑に負けず頑張っていきましょう!

 

 

こんにちは。STORY FUKUOKAの西です。

梅雨に入り、雨の経過が心配ですね・・・。家族や友人、親戚などが警戒地域にいる場合は特に気が気ではないですよね。私自身も自宅のすぐ近くにちょっとした山がある為、大雨の時はよく心配されます。

この雨で、大きな被害がないことを祈ります。

梅雨の時期のお悩み

梅雨に入ると、子どもの足元が濡れて帰宅することがよくあります。長靴を履かせたいところですが、学年があがると嫌がるお子さんが多いのではないでしょうか?

靴下に泥がつき大変なことに・・・(男子の場合は、梅雨だけではありませんが笑)

ウタマロ石鹸とシューズブラシでゴシゴシと洗っていましたが、アタックのこれ ↓ が発売されてからはお世話になっています♪

アタック プロEX 石けん

(画像お借りしています)

もはや説明不要ですが、この名のとおり『かき出しブラシ』が本当にいい仕事をしてくれます。普通のシューズブラシより細いのにしっかりとしていて、細かい汚れもしっかりとかき出すことができます。

さらに石けんとブラシの一体化ですぐにとりかかれるのがいい!

靴下の汚れは靴下同士を手もみ洗いするのではなく、ブラシで解決。収納もフックで楽ちん。

ぜひお試しください(^^)

 

こんにちは。STORY FUKUOKAの西です。

タイトル通り、苦手な家事のひとつに『献立を考えること』があります!!

レタスクラブさんからはこれを攻略する為にこんな本も出ていて、かなり気になるところ。

 

今日、何作ろう??

そんなある日、夫と話していたらこんな意見が。
『うちの実家は毎週金曜日はカレーだったよ。別にそんなんでいいけど。』

えっ、、、いいの?(笑)

夫の実家は商売をしていてお義母さんはとても忙しく、それを乗り越える為の手段としての金曜はカレー曜日♪だったのでしょう。

子どもに聞いてみたところ毎週は嫌とのこと。
それならカレーとハヤシライスとシチューをローテーションでまわしてみよう!ということになり、こんな献立表を作りただいま実践中です。

キャプチャ

 

(色づけ&時間は習い事がある日。出発までに下準備を終えておく為のしるし。)

 

IMG_5450

これは、その日作る枠だけを決めておく方法です。

宅配業者、生協など色々と試してきましたが、『その日の気分と食べたいものが合わない』というのが結構ありました。考えるのが面倒なくせに、完全に決められるのは困るという、本当にわがままな希望。

それを解決するのがこの枠だけ設定された献立表です。

隔週ギョーザはブーイングが出ましたが、ギョーザ好き&おつまみ料理だと作るモチベーションが段違いになるという理由で母としては押し通したいところ。(作る人の特権ですね)

買い物の時も枠が決まっているだけでスピードが全然違います。何にしよう~とスーパーをふらふらまわる時間があまり好きではないので、買い物はサクっと終わらせたい。
そんなところでも思わぬ効果を発揮しました。

とにかく頭を使わずに!という方にはレタスクラブさんのような献立BOOKがオススメ。
私のように、その日の気分によって食べたいものが変わってきたり、ある程度は余白を残しておきたい方には上記のような献立表がオススメです。

わがやも4月から初めてまだ2ヶ月程。
自分に合った方法は、やりながら見つけていくのが一番いいですね。

 

○○用が増えがちです!

こんにちは。STORY FUKUOKAの余傳です。

6月に入りましたね!

福岡の梅雨入りも間もなくとなりそうです。

梅雨入り前にしておくことをピックアップしていたら、やたらとカビ・湿気対策が多いことに気づきました(笑)

整理収納アドバイザーですが、掃除は苦手な私・・・。

少しでも掃除を楽にするために、洗剤や掃除グッズについつい頼りたくなりがちです。

ドラッグストアに行くとやる気が出るタイプ(笑)!

以前は〇〇用洗剤をたくさん購入して、使いきれないまま溜まってしまったこともよくありました。

モノを使うのは自分です!

当たり前ですが、グッズを買っただけではきれいになりません(笑)

グッズを使って掃除をするのは自分なんです~!

もちろん、グッズが背中を押してくれることもありますから、悪いことばかりではありません!

『苦手意識がモノを増やす』と分かっていることが大切です。

・○○用が増えると無制限にモノが増えがち

・買って終わりではない!グッズを使って苦手な家事をやるのは自分(笑)!

整理収納アドバイザーとして、分かっていることでも、自分のこととなるとつい棚に上げがちですから(笑)、ここに記しておきたいと思います!

梅雨入り前のお掃除頑張ります!

わがやのキッチンのテーマは?

こんにちは。STORY FUKUOKAの西です。

令和記念のキッチンプランもあり、キッチンについて打ち合わせをする機会が多い今日この頃。

皆さんのキッチンのテーマは、なんでしょうか?

えっ、テーマなんかないし!という方が多いかもしれませんが、テーマを決めることが実はキッチンの整理収納の第一歩となります。

掃除をしやすいキッチンなら、例えばコンロまわりのキッチンツールも吊るさず収納内で立てたり、引き出しに収める。

見た目を意識したキッチンなら、表に出すものはインテリア性の高いオシャレな容器にしたりツールの色を統一する。

子どもや夫、家族が積極的に家事に参加できるキッチンなら、よく使うものは子どもがとりやすい高さへ収める、わかりやすいラベリングを施す。

テーマによって、実際の収納の仕方、収め方が変わってきます。

自分たちの暮らしに合ったキッチンは、自然と片付けやすいキッチンになりえます。

どう収納するかの一歩前に、ぜひキッチンのテーマを!(^^)!