こんにちは。STORY FUKUOKAです。

先日、延期になっていたオンラインワークショップを開催させて頂きました。

お子様はとても楽しみにされていたようで、準備万端でスタート!

ペイントする前の●●もしっかり取り組んでくださり、ばっちり完成しました!!

リビングに馴染むウッド調のカラーでオシャレに♬作業の合間も楽しくお話させて頂きました(^^)

オンラインワークショップは事前にキット一式を送付する為、気軽にご参加できます。
所要時間は1時間程度。画面の前に座るだけで、非日常を楽しめます。

梅雨に入り、またおうち時間が増えそうなこの季節。

皆様のご参加をお待ちしております。

こんにちは。

STORY FUKUOKAです!

今日は気温が上がり、暑かったですね~。

庭で遊んでいた子ども達はあちこち蚊に刺されていました(笑)

どんな時も季節はゆっくりと確実に動いていきますね。

 

さて、先週『おしたくボード』のワークショップをオンラインで開催しました。

ZOOMを使用するのは初めて!と仰るお客さまも、スムーズにご参加頂けました♥

ワークショップをしながら、最近の近況をあれこれおしゃべり。

なんちゃない雑談が恋しい毎日でしたので(笑)、私ちょっとおしゃべりが過ぎました!

 

そろそろ、学校再開に向けて、生活の見直しが必要な時期ではないでしょうか。

我が家も、ゲーム時間とか・・ゲーム時間とか・・見直さないといけません!!

 

親子で楽しく『おしたくボード』を作って、生活リズムの見直しはいかがでしょうか?

『おしたくボードオンラインワークショップ』は2組様よりリクエスト開催を承っています。

離れたお友達とも、画面の前で一緒にワークショップに参加できます♪

お友達やご親戚の方のプレゼントにもピッタリなので、コロナ禍で入学祝いができてなかった!という方にも喜ばれています。

皆さまのご参加をお待ちしています♥

 

こんにちは。STORY FUKUOKAの余傳です。

週末、また3連休がやってきますね。

あいにく台風もやってくるようなので、皆さまご自愛下さい。

小学生のランドセルが重たすぎるというニュース、時々目にしていましたが、最近娘も『重い・・・重い・・・』を連呼するように。

重さを計ってみると、約6キロ!そりゃ重いわ!

それに1キロの水筒、、さらに習字道具・・・。小学生、お疲れ様です!!

重いランドセル、どこに収納する?

毎年ご相談いただく、ランドセルの定位置問題。

たくさんランドセル収納ラック的なものは出ています。

棚の下に教科書、一番上にランドセルを配置するタイプとか。

ポールハンガータイプで、肩のベルト部分を引っ掛けるタイプとか。

大人からするときれいにまとまっているランドセル収納ですが、待って!待って!ランドセル重いんです!

もちろん帰宅後全て中身を出して、空っぽにしてしまえばいいんでしょうが、現実的には教科書をいくつか入れ替えるぐらいで、そのままが大半ですよね、

子どもが、毎日帰宅後に5キロ近いランドセルを自分の肩より上に持ち上げるなんてはっきり言って難しい。

床が定位置になるのが自然の流れです(笑)。

ランドセル収納は、とにかくシンプルに!

一番お勧めなのは、とにかく置くだけ。

お子さんの腰ぐらいの高さに、肩から降ろせる場所が一番楽で、教科書の出し入れもしやすいです。

ぜひ重さを頭に入れて、シンプルなランドセル収納をお子さんと一緒に考えてあげて下さいね。

STORY FUKUOKAでは、お子さんの学習環境づくりのご相談も承っています。

来年の春に向けて、そろそろ学習机の購入をお考えのお宅も多いのではないでしょうか。

リビング学習派も、個室学習派も、お気軽にご相談下さい♪

 

 

 

 

 

こんにちは、STORY FUKUOKAの西です。

夏休みが終わりました!!宿題を終えた達成感、半端ないです!(^^)/

ようやく終わった夏休みですが、長期休みは帰省やお出かけで、子どもの物が増えやすい時期でもあります。

我が家の場合、お盆玉を握りしめて息子が向かうのはドラゴンボールのカード。増えてきたカードをどう整理収納するか。。。

おばあちゃんと出かけた先でこんなファイルを買ってきたり(カラフル~涙)アクシデントを乗り越えながら、今はファイル収納とボックス収納で落ち着いています。

お気に入りのファイル収納。いつも眺めています。笑

ボックス収納は無印良品のキャリーボックスで持ち運びしやすく、いれやすく。

ファイル収納だけだと絶対に!!戻すのが面倒になるので、二段階収納に。

さっと片付けたい時はボックスに。休日など時間があるときは自分でファイルにいれているので、今のところはこれで様子を見たいと思います。

夏休み中のランドセルを覗いてみました!

こんにちは。STORY FUKUOKAの余傳です。

8月になりました!全国的に暑い日が続いていますね!

夏休み、、折り返してもいないのが辛いところですが・・・、頑張って行きましょう!

さて、小学校2年生の息子のランドセル。

夏休みの間はクローゼットのカラーボックスの上でスタンバイしています。

ちょっと中を覗いてみると・・・・。

 

 

ひ~!!汚い!!

鉛筆汚れで真っ黒!!どんな風にしたらこうなるのでしょう(# ゚Д゚)。

6年間使い込んだランドセルじゃないですよ~。まだ2年生・・・。

姉妹で育ち、周りに男子があまりいない環境で育った私は、息子の生態が未だ未知のことが多々ですが、母ちゃん嘆いてばかりいられません!!

鉛筆汚れの秘密兵器、セスキ炭酸ソーダ水を使ってふきふき。

汚れがひどいところは、メラニンスポンジで軽くこするときれいになります。

 

 

ふう・・・。なんとかきれいになりました。

酸性のエンピツ汚れは、アルカリ性のセスキ水が効きます!

夏休みは、子ども達がダイニングテーブルで宿題をしたり、お絵かきしたりで、鉛筆汚れも気になるので、定期的にセスキ水での拭き掃除をお勧めします♪

本日も名も無き家事で一汗どころか大汗かかせていただきました・・・・アイス食べよ(笑)。

 

 

 

 

 

分類することで親も子も分かりやすく♥

こんにちは!STORY FUKUOKAの余傳です。

福岡市は今日が終業式!いよいよ夏休みがスタートです・・・。

皆さん、一緒に頑張りましょう~! エイエイオー(小声)

さて、子ども達が持ち帰った宿題のプリントの山!

どこから手をつけさせて、いつまでに終わらせるのか、親にも作戦が必要ですよね(笑)

私はまず、持ち帰ったらすぐに分類をすることにしています。

ジャンルは5つ。

①ルーム(学童保育)に持っていくもの(毎日コツコツするドリル・プリント類)

②毎日書くもの(1行日記や観察日記など)

③作品(作文、自由研究、絵日記など)

④音読、計算カード(親が聞いてあげて、〇や押印が必要なもの)

⑤終わったもの

これで分けてみると、それぞれの量がどのくらいあり、どのように進めていけばいいかが見えてきます。

夏休み用のクリアファイルは毎年使いまわし。

子ども用のラベリングは大きな字ではっきりと分かりやすく張るようにしています。

 

 

 

夏休みの時期は、イレギュラーでリビングにプリントが散らかりがちですから、『夏休み宿題』専用のファイルボックスを出動させて対応します。

夏休み、スタートダッシュが肝心です!

まずは分類をして、一度頭の中とリビングをすっきりして挑んで行きましょう(笑)!!

こんにちは、STORY FUKUOKAの西です。

先日お知らせした夏休みワークショップ、さっそくお申込みを頂いております!(^^)!

■絵本バッグを作ろう!夏休みワークショップ■

(クリックすると詳細ページへとびます)

 

今回はワークショップに加えて、『子どもにとって使いやすい絵本収納』をミニセミナー形式でお伝えします!

フォトジェニックな収納や大人目線の収納は一旦脇に置いておいて、、、まずは片付けが苦手な子ども主体で考えると遠回りなようでも片付けができるようになります。

そして、子どもが片付けやすい収納はそのままママやパパのラクにつながりますよね!

どんなポイントが『使いやすいのか』を整理収納アドバイザーの経験からお伝えできればと思います(^^)

なみきスクエアには図書館がありますので、帰りにさっそく本を借りて帰ることも♪

楽しいワークショップになりますよう、私も余傳も準備万端でお待ちしております。

もうすぐ夏休み!キャンプにプールにお泊りと、子ども達にとっては楽しい楽しい時間ですね。

ただ!親にとっては長~い夏休み。

旅行や帰省以外にも、気軽に参加できる場所があれば嬉しいですよね。

さて、STORY  FUKUOKAでも福岡市東区のなみきスクエアにて、下記のワークショップを開催します。

絵本バッグワークショップ(絵本収納のミニセミナー付き)

子どもって、絵本カバーをつけていてもすぐに外しませんか?とはいえ捨てるのも忍びない・・・。そんなお悩みをお持ちのパパ・ママにもおすすめのワークショップ。

ご自宅にある絵本のカバーを使って、お子様と一緒に様々なサイズの紙バッグを作って頂きます!

作り終わった後は、おすすめの絵本読み聞かせの間に

『子どもが片付けやすい絵本収納のミニセミナー』も行います。

絵本バッグ、写真で見る以上に実物がとーってもかわいいです!(^^)!

一度作ればコツがわかるため、今後はご自宅でも作れますよ♪もちろんご兄弟、姉妹でのご参加もOKです。

 

お申込みについて

申込方法:こちらのお問い合わせフォーム(HPお問い合わせ)にて受け付けさせて頂きます。
お問い合わせフォームの氏名、ご連絡先電話番号等の項目を記載頂き、

 お問い合わせ内容(本文)には、希望人数(親〇名、子ども〇名)と7/31ワークショップ申し込みの旨をご記入の上、お申込み下さい。

instagramのダイレクトメッセージからも受付中です!→@story.fukuoka

お子様との夏の一日、新しい絵本との出会いがあるかも?

ぜひ多くの方のご参加をお待ちしております!!

こんにちは。STORY FUKUOKAの西です。

今日は収納の万能選手、ファイルボックスについてです!

ファイルボックスあれこれ

キッチンでフライパンや食品の収納に使ったり、洗面所で洗剤やハンガー収納に使ったり。書類以外でも家中で使いまわすことができる、とても頼もしいグッズですね。

いれものLoveな私、ファイルボックスは特にこだわって選びます♪

我が家では、現在5種類程のファイルボックスを使用しています。

 

まずはこちら。

無印ファイルボックス

King of 無印といっても過言ではない、無印の定番商品。

作りもとてもしっかりしていて、いまだかつて壊れたという声を聞いたことがありません。揃えるには少々値がはりますが、長く使うことを考えるとやはり右にでるものはありません!(^^)!

次に、ニトリのファイルボックス。

ニトリファイルボックス

見た目も大きく変わらず、価格もお手頃。

ただし無印商品よりほんの少し奥行(長さ)が短い為、使い方によっては注意が必要です。

 

そして大好きなビュローのファイルボックス。

ビュローファイルボックス

 

ビュローファイルボックス

子どもの学用品収納や使用頻度の高い書類収納に使用しています。

ビュローの魅力は何と言っても豊富なカラー!塩化ビニール製で、折りたためるのも◎です。

 

後は、Oficina(オフィシーナ)というブランドのものや、無印の段ボール製ファイルボックスなど・・・。

Oficinaファイルボックス

無印ファイルボックス

ファイルボックスを取り入れる時は素材やサイズ、見た目の良さをベースに、スペース・場所・使うシーンに合わせて選んでいます。

皆さんは、どんなファイルボックスがお好きですか?

どうすればお片付けができる子になりますか?

こんにちは!STORY FUKUOKAの余傳です。

なかなか梅雨入りしない福岡です。

あちこちに咲いている紫陽花もさすがに雨が恋しそうですね。

『片づけができる子どもになって欲しい!どうすればいいですか?』子育て中のお母さまから、よく聞かれる質問です。

SNSなどで映える収納のテクニックがたくさん見れる時代。

何を使えば収納できるのか?と収納方法ばかりに走りがちですが、お子さんに片づけを教えるには順番があります。

まずは『分ける!』。ここからぜひスタートしてみて下さい。

分け方のポイント!

スペースからものを出したら、ゲーム感覚で楽しく分けていきます。

大切なのは、あくまでもお子さんが楽しく取り組めること、そして極端な分け方はしないこと。

ママが頭から角を出しながら、「いる?いらない?」って聞いたら「ぜーんぶいる!」となります。

「いらない」って言ってしまったら最後、捨てられますから(笑)。

分けるということは『選ぶ』ということ。

分けていると必然的に自分が今必要なもの、大切にしたいものを選ぶ習慣が身についていきます。

最初は「ぜーんぶ取っておく!!」というお子さんも、回数を重ねるごとに、今後も必要なものとそうでないものがあるということに、自然と気づき選択ができるようになってきます

それまではじっと我慢!角を隠して見守って(笑)、「片付けなさい!」ではなく、まずはニッコリ、「分けてみようか!」から始めてみて下さい。

 

 

ちなみに我が家では、子ども達が3歳ぐらいから、カラーシートを使って分けていました。

懐かしいこの写真は、工作品の仕分け。

全部ゴミ!!と言いたいところですが(笑)、一応取っておくものと、そうでないものに分けています。

『選ぶ』行為ができなければ、収納はいくらあってもたりません!!

「捨てなさい!!」「まだ遊ぶもん!!」のエンドレスバトルです(笑)。

増え続けるおもちゃや工作品を収納していくためにも、まずはお子さんの『選ぶ』習慣から意識してみて下さいね♪